相続に必要な戸籍謄本の取り寄せなら『戸籍収集まるごとパック』にお任せください!
ネットからのお問い合せはこちら
グローバルナビゲーション

相続手続きで戸籍が必要です。何を集めればいいの?

相続手続きでは、相続人を確定するために戸籍が必要になります。

どなたが相続人になるのかによって必要な戸籍の範囲は異なりますが、最低限、次の範囲の戸籍が必要になるとお考えください。

  • 被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍
  • 相続人全員の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)

「出生から死亡までの戸籍って何?」と疑問に思う方は多いと思います。「出生から死亡までの戸籍について」でご説明しますので、ご参照ください。

直系尊属(父母や祖父母など)や兄弟姉妹が相続人になるケースや、代襲相続や数次相続があるケースなど、相続の状況によってはさらに広い範囲の戸籍が必要になります。

相続手続きに必要な戸籍の範囲を、ケース別にご説明しますので、戸籍の収集・取り寄せ作業の参考としてご覧ください。

「戸籍の請求Q&A」のページに戻る

【サービスのご案内】1,892名の相続人様にご利用いただいた『戸籍収集代行サービス』

戸籍の請求Q&A

戸籍の請求に関する皆様からよくいただくご質問をまとめました。皆様と同じお困りごとがあるかもしれませんので、ぜひご参照ください。

ご相談・お問い合わせ